入れ歯治療 DENTURES

入れ歯の治療について About treatment of dentures

入れ歯は多くの歯を失ってしまったときの効果的な治療法です。しかしながら、残った歯に引っ掛けるバネが見た目を障害してしまう、歯茎に当たる部分が分厚くて違和感が強いなどのデメリットがあることも事実です。当院ではそういったデメリットを少しでも改善すべく、歯科材料の進歩に伴って使用されるようになってきたさまざまな材料について研鑽を積んでまいりました。患者様に、少しでも快適に入れ歯を使用していただけるよう、材料を駆使して違和感の少ない入れ歯を作製させていただきます。

INSURANCE 保険が適用される入れ歯

レジン床入れ歯

「床」と呼ばれる、歯茎に接する部分が「レジン」という材料でできています。レジンは他の材料と比較して強度で劣るため、割れないように厚くする必要があります。そのため、発音に支障が出る方もいらっしゃいます。設計や材料に制限があります。

OWN COST 保険適用外(自費)の入れ歯

より精密な型取りや表情に合わせた設計など、高い技術力と時間を要します。歯科医師と歯科技工士が緊密に連携して作製するため、精度が高く、患者様にぴったりとフィットした入れ歯を作ることが可能です。患者様のご希望に応じて材料を自由に選択することができるため、入れ歯の重さや厚みなどを調整することができます。



金属床入れ歯

「床」の一部が金属でできている入れ歯です。金属の種類は、コバルトクロム合金や白金、チタン合金などがあります。金属の強度を活かし、薄く作ることができるため入れ歯装着時の違和感が軽減されます。また食べ物の温かさや冷たさを感じることができ、食事も楽しむことができます。

金属床入れ歯の治療費

コバルトクロム合金 150,000円~
白金加金 300,000円~

※費用はすべて税別となります。

※金属床入れ歯の治療費につきましては設計が複雑になるため、その都度お見積りをお出ししております。お気軽にご相談ください。




ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーには通常の入れ歯に不可欠な金属のバネ(クラスプ)がありません。他人に入れ歯を入れていることが分かりにくく、審美面で大変優れています。材料に適度な弾性があり、使用感もよいです。

ノンクラスプデンチャーの治療費

1~3歯 90,000円~
4~11歯 120,000円~
12歯以上 150,000円~
メタルレスト 2,000円(1個につき)
キャストレバー 6,000円(1個につき)

※費用はすべて税別となります。




ノンクラスプデンチャー+金属床

ノンクラスプデンチャーの審美性と金属床の強度、薄さを併せ持った設計も可能です。欠損歯数が多い場合は、設計上、見えない部分に金属の補強構造を組み込ませていただきます。

ノンクラスプデンチャー+金属床の治療費

4~8歯 250,000円~
9歯以上 300,000円~

※費用はすべて税別となります。

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー)
We try to keep close to everyone in the community

磁石式入れ歯とは、残った歯の根に磁性金属を埋め込み、入れ歯側にも磁石を取付けて磁力で固定するタイプの入れ歯です。通常の入れ歯よりもフィット感があり、食事の際にもずれたり外れたりしにくいという特徴があります。また、金属の留め具が不要なため、入れ歯を入れていると分かりにくく、審美性も高い入れ歯です。磁石式入れ歯の特徴は以下のとおりです。

磁石式入れ歯の特徴

CHECK

  • 金属の留め具がなく、見た目が目立ちにくい
  • フィット感があり、違和感・ガタつきが少ない
  • 取り外しがしやすく、ブラッシングしやすい
  • シンプルな構造で、手入れがしやすい
  • 無理な力が加わると折れる前に外れる

磁石式入れ歯のリスク

CHECK

  • 土台となる歯根がないと適用できない
  • 金属アレルギーの方は使用できない

インプラントデンチャー We try to keep close to everyone in the community

インプラントデンチャーとは、インプラントと入れ歯を組み合わせたものです。通常のインプラントでは、1つの土台に対し、1本の人工歯を取り付けますが、インプラントデンチャーは2〜4本の土台で入れ歯全体を支えます。インプラントの土台は、歯肉に埋め込まれているため、安定感があり、物を噛む力も強くなります。インプラントデンチャーの特徴は以下のとおりです。

インプラントデンチャーの特徴

CHECK

  • 入れ歯を支える力が強い
  • 入れ歯よりも粘膜への負担を軽減できる
  • 金属の留め具がなく、見た目が目立ちにくい
  • 取り外し可能なため、ブラッシングしやすい

インプラントデンチャーのリスク

CHECK

  • インプラントを支える骨がないと適用できない

TYPE インプラントデンチャーの種類

インプラントデンチャーにはいくつかの種類があります。ここではボールタイプ、バータイプについてご説明します。

ボールタイプ

ボールタイプはインプラントの頭の部分が丸いボールのような形状をしており、入れ歯の金具とホックで止めて連結させるタイプのインプラントデンチャーです。

バータイプ

バータイプは、インプラントの頭の部分をバーで連結し、入れ歯についたクリップでバーを挟み込むことで固定するインプラントデンチャーです。