矯正歯科 ORTHODONTICS

スカイ&ガーデンデンタル
オフィスの矯正治療 Orthodontic treatment at Sky & Garden Dental Office

当院では、透明で目立たないマウスピースを使った最新矯正システム「インビザライン矯正」とワイヤーや金具を使う「従来型ワイヤー矯正」を取り扱っております。
これらの矯正方法にはそれぞれメリット・デメリットがあり、お口の中の状況によってどちらが適切な矯正治療かは異なります。矯正治療をお考えの方は、お気軽にご相談ください。
2種類の矯正治療の主な違いは表をご覧ください。

インビザライン
矯正
ワイヤー矯正
治療方法
  • 透明なマウスピースを1日20時間装着し、
    少しずつ歯を動かしていきます
  • 食事や歯磨きの時は外していただけます
  • 歯に金属の装置を装着し、ワイヤーで繋げて歯並びを整えます
  • 1ヶ月に1回程度ワイヤーを締めて調整していきます
特徴
  • 透明で目立たない
  • 矯正治療をしていることが周りに気付かれにくい
  • 矯正完了時の歯並びや歯が動かしていく様子を3Dで確認できる
  • 適用範囲が広く、ほぼすべての症例に適用可能
  • 外科処置を必要とする矯正治療も可能
  • 金具や金属のワイヤーが目立つ
治療時の痛み
  • ほとんどない
  • ワイヤーを強く締めた直後は痛みが出ることが多い
  • 金具があたって口内炎ができやすい
生活のしやすさ
  • 食事や歯磨きの時、装置を外すことができるるため快適
  • 写真の撮影や人前に出るときなど、短時間の場合は外すことができる
  • キレイに歯磨きをするのが難しい
  • 定期的に専門のクリーニングや虫歯のチェックを受ける必要がある
通院回数
  • 1~2ヶ月に1度
  • 遠方でも通院可能
  • 3~4週間に1度
費用
  • 国内平均相場:90~100万円
  • 毎月の調整料を含むと10万円ほど追加でかかる
  • 国内平均相場:70~110万円
  • 毎月の調整料を含むと10万円ほど追加でかかる
  • 金具の種類や矯正装置の種類によって幅がある

スカイ&ガーデンデンタルオフィスで行うインビザラインの特徴 Invisalign features at Sky & Garden Dental Office

NON-EXTRACTION CORRECTION 歯を抜かずに歯並びを整える
「非抜歯矯正」

矯正治療では、「歯並びの見栄え」を重視することが多いのですが、咬み合わせやお口の機能を低下させないことも重要です。抜歯をしてしまうと、噛み合わせが大きく変化し、咀嚼能力も低下してしまう可能性があります。そのために、「抜かずに矯正する」ことが、お口の機能を維持するためには必要となります。最新鋭のマウスピース矯正であるインビザラインには、非抜歯矯正を可能にする2つの特徴があります。

歯の遠心移動が可能

インビザラインでは奥歯を奥の方へ移動させる(遠心移動)することが可能です。奥歯が移動することによって、重なった歯が並ぶためのスペースができます。一般的な矯正装置では、この遠心移動は困難なため、インビザライン特有のメリットと言えます。

隣接部を削合してスペースを確保(ストリッピング)

隣り合う歯の側面を少しずつ削って幅を小さくし、スペースを作り出す方法です。歯の表面はエナメル質という組織で覆われていて、日本人における平均的な厚みは約1~2㎜程度と言われています。この方法で削るのはそのうち0.1㎜~0.25㎜程度のため、しみる、虫歯になりやすくなるといった心配はありません。ストリッピングと呼ばれるこの方法は、マウスピース矯正に限らず、ワイヤー矯正を含めた矯正治療で一般的に行われている手法です。

MERIT 総合歯科である当院でインビザライン矯正を行うメリット

豊富な症例数

当院は豊富な年間症例数が認められアライン社認定「インビザライン・プラチナドクター」を受賞致しました。他の医院では治療が難しいといわれた方も様々なお悩みに対応しておりますので、目立たないマウスピースでの矯正をお考えの方は是非、一度ご相談ください。

インビザライン認定医

インビザライン公式認定ドクターが常勤で勤務しているため、一般の歯科医院のように「矯正の日」を待つ必要はありません。ちょっとした異常があった場合にもすぐに対応が可能なため安心です。

トータルでの審美治療

当院では矯正治療以外の「差し歯をきれいにしたい」「歯を白くしたい」といったさまざまなご要望にお応えすることができます。インビザライン矯正を含めたトータルでの審美治療もご提案可能です。


虫歯があっても大丈夫

一般歯科治療を矯正治療と並行して受けていただくことができます。抜歯が必要な場合も口腔外科専門医が対応するため安心です。矯正以外の治療を他院で受けていただく必要はなく、当院だけで治療を完結することができます。

矯正治療と並行して歯のホワイトニングが可能

知覚過敏が起きにくく、ゆっくりと確実に白くなるホワイトニング剤を用いたホワイトニングを矯正治療と同時に行うことができます。マウスピースを用いたホームホワイトニングは後戻りの起こりにくい、歯に優しいホワイトニング方法です。

高精度口腔内スキャナー「iTero Element」導入歯科医院

矯正治療をスタートする際に、現在の歯列を歯型として採得する必要があります。インビザラインでは、歯型の精度がそのまま製作されるマウスピースの適合度に反映されるため、より歯にフィットし効果的に歯を動かすことができるマウスピースを作る為にも歯型採得は大変重要な行程です。

従来の歯型取りはシリコン材料を歯に押し付け歯型を再現していました。しかし、近年では、光学印象を可能にする口腔内スキャナーが開発され、歯型採得が患者様にとって快適なものへとなりました。光学印象ではレーザー光を歯に当て歯の形態を計測し、コンピューター上でデータ化することが可能です。レーザーを照射していますが、痛みや刺激があるわけでもいなくほぼ無感覚に近い状態で歯型採得が行われます。

iTero Elementは、米国アラインテクノロジー社が開発した、光学印象口腔内スキャナー&システムです。当院ではインビザラインの歯型採得にこのiTero Elementを導入しています。iTeroは従来のシリコン材料による歯型採得に比べ、快適かつ精密にお口の情報をデジタル化することができます。インビザラインに対応しているスキャナーはこのiTeroだけです。

FEATURE iTero Elementの5つの特長


特徴1 型取り時間の短縮

iTeroでは1分というスピードで歯列弓全体をスキャンすることができます。シリコン材料では硬化まで5分ほど口腔内に保持しなければならず、負担に感じる患者様もいらっしゃいましたがiTeroでは嘔吐反射がある方や小さなお子様でも簡単に精密な型取りが可能です。

特徴2 装置完成までの時間の短縮

シリコン材料による歯型はアメリカに空輸しデータ化されるため、装置が完成するまで4~6週間という時間がかかっていました。iTeroによる歯型採得では即時にデータ化できる為、矯正治療の開始時期が2週間ほど短縮されます。

特徴3 高精度の画像採得が可能に

iTeroは光学スキャニングとレーザースキャニングを取り入れた画像採得技術により、精度と正確性の高さを実現しました。従来のシリコン印象より精密な歯型を取ることができます。さらにデジタルデータの為変形も起こりません。

特徴4 矯正治療後の歯並びをリアルタイムに視覚化

Outcome Simulator(アウトカムシュミレーター)という独自のソフトを用いることで、インビザライン治療後の歯並びをその場でビジュアル化することができます。従来のワイヤー矯正では難しかった治療結果のシュミレーションが可能になり、仕上がりの不安を解消できます。

特徴5 清潔で安全、コンパクトになったスキャナー本体

iTeroのスキャナーの先端部は口腔内に入る為、着脱式のスリーブが取り付けられ毎回交換されています。iTeroは放射線被ばくもなく、誤嚥もなく、安全・清潔な歯型採得が可能です。

まずはお気軽にご相談ください。当院では初回の無料相談でもiTeroを用いた治療計画の作成を行っております。アウトカムシュミレーターで治療結果をご確認ください。より速く、より精密な最新口腔内スキャナーiTero Elementをこの機会に是非ご体感ください。
※要予約(ご希望の方にはスリーブ代¥500のご負担をお願いしております。)

スカイ&ガーデンデンタルオフィスのインビザライン矯正治療費 Invisalign orthodontic treatment fee for Sky & Garden Dental Office

当院では、治療開始時に総額をあらかじめ提示する
トータルフィーシステムを採用しております

分かりやすい料金システム

矯正治療の場合、完全自費診療になりますので表記料金が安くても、毎回の診察料や調整料が別途かかる医院がほとんどです。当院のインビザライン矯正治療費は、治療が終了するまでの総額です。治療期間の長さによって費用が変わることがありませんので安心して治療を始められます。



※下記の表示は消費税抜きの価格です。

1 カウンセリング相談 無料
2 精密検査と診断の費用 ¥50,000
矯正治療費 インビザ
ラインExtra
¥400,000
3 インビザ
ラインLite
¥500,000
インビザ
ライン
¥800,000
4 通院時の調整料 無料!!
5 保定装置(後戻り防止) 片顎 ¥50,000

お支払は上記の15 の合計額となります。

親子または兄弟姉妹で治療される場合、¥50,000割引!

※上記金額は全て税抜価格となります。
※装置の紛失等については実費を頂戴することがあります。
※治療費のお支払は現金・クレジットカード・デンタルローンからお選びいただけます。
※矯正治療費は医療費控除の対象になります。

治療費について詳しく見る

インビザライン治療の進め方

  1. STEP.1
    1回目 無料カウンセリング(30~60分)

    歯並びや口元についてのお悩みや、治療を受ける際のご希望についてお伺いいたします。口腔内の写真やお顔の写真、レントゲン写真の資料などを基に、幾つかの治療方法をご提案させていただきます。最新の口腔内スキャナー「iTero Element」を用いるとその場で治療後の歯並びを3Dデジタル画像で確認することが可能です。

    ※iTero Elementによる診断をご希望の場合、スリーブ代¥500の費用が発生します。また正確なお見積もりが必要な方にはレントゲン撮影をお願いする場合があります。(別途費用)

  2. STEP.2
    2回目 精密検査

    無料相談時の資料に加え虫歯、歯周病のチェックなどの精密検査を行います。検査の際に虫歯が見つかったり、親知らずの抜歯が必要と判断されたな場合には矯正治療開始前に処置を済ませる場合があります。

    また、歯石が多くついていると、マウスピースのフィットが悪くなりますので、クリーニングを受けていただいてからの歯型採得となります。

  3. STEP.3
    3-Dシミュレーションの確認(30分)

    専用ソフトを用いて上下前後左右360°あらゆる角度から見ることができる3-Dシミュレーションで治療内容を確認していきます。

    治療過程を動画でご覧いただき、完成イメージを確認します。2、3パターンのシミュレーションから比較検討することも可能です。3-Dシミュレーションで歯の状態と治療後の状態を確認できるのは、インビザラインだけの特長です。

  4. STEP.4
    4回目 マウスピース完成/治療スタート(60分)

    マウスピースが完成したら、使用上の注意などを説明し、マウスピース着脱の練習を一緒に行います。適切に歯を移動させるために、歯の表面に一時的にボタンのような突起を付けることがあります。このボタンを「アタッチメント」といいますが、症例により、アタッチメントが必要な場合は開始時に歯に装着します。これ以降は1~2ヶ月に1度の定期的なチェックになりますので、マウスピースを必要な分だけまとめてお渡しします。遠方にお住まいの方で、マウスピースをまとめて欲しいという方はご相談ください。

  5. STEP.5
    5回目 定期チェック

    2週間後に1度ご来院いただき、きちんと使えているかどうか確認します。 インビザライン治療では、適切に歯を移動させるために、歯の表面に一時的にボタンのような突起を付けることがあります。このボタンを「アタッチメント」といいます。症例により、アタッチメントが必要な場合は、歯に装着しますが、治療終了後はお取りしますのでご安心ください。これ以降は1~2ヶ月に1度の定期的なチェックになりますので、マウスピースを必要な分だけまとめてお渡しします。遠方にお住まいの方で、マウスピースをまとめてすべて欲しいという方はご相談ください。

  6. STEP.6
    6回目 終了 アタッチメント除去/保定

    すべてのマウスピースを使い切り、歯並び・噛み合わせが治ったらアタッチメントを除去します。歯が元の位置に後戻りしないよう、後戻り防止用の保定装置を作成し、一定期間使用していただきます。その後は3~6ヶ月に1度のメンテナンスに移行します。

LIFESTYLE インビザラインのあるライフスタイル

Morning

就寝時に装着していたマウスピースを朝起きたら外します。
朝食・ブラッシングが終了してすっきりしたらマウスピースを再装着してインビザラインのある一日のスタートです!

Office Time

透明なマウスピースは本当に目立たない!よっぽど近づかないと矯正していることがわからないので職場でも誰も気づいてないみたい・・・。
会話も問題ないし、プレゼンや電話対応、接客もこれまで通りでOK。通院が2か月に一回なのも魅力。残業が多いシーズンも乗り切れます!

After5

ジムでのトレーニングやプール、激しいスポーツもOKのインビザライン。 間食も減ったのでダイエットも矯正治療と並行して順調です。

歓送迎会やパーティーも「時々ならマウスピースを外してOK」との承諾を得たので、思いっきり楽しみます!!

Off Time

家でのプライベートタイムもインビザライン!
マウスピースを付けているのが習慣化しています。
私はホワイトニングもしているから寝ている間に歯が白くなって、しかも矯正治療が進んでいて毎朝鏡を見るのが本当に楽しみです。

旅行もOKだし、友達の結婚式もOK。
矯正治療中に制限がなくこれまで通りライフスタイルを楽しめるインビザラインは、私にぴったりの矯正システムです!

従来型ワイヤー矯正(裏側矯正・外科手術を伴う矯正) Conventional wire correction (backside correction / correction with surgery)

CHARACTERISTIC 当院で行うワイヤー矯正の特徴


特徴1 口腔外科専門医と連携。インプラントアンカーを用いた症例や外科手術を併用する難症例にも対応可能

歯並びを悪くする原因の1つに、骨の中に埋まった歯(埋伏歯)や過剰歯があります。そのままにしておいては歯列矯正ができない難症例にも対応可能です。口腔外科専門医と連携しているため、治療が院内で完結します。

特徴2 目立たず歯列の費用を抑えられるクリスタル矯正治療も選択可能

白っぽい素材で作った矯正器具を用いれば、金属を使用したブラケットの様に目立ちません。これまで矯正治療をしたくても目立つのが気になってあきらめていた方にもおすすめです。

特徴3 ワイヤーが見えない裏側矯正にも対応

当院では裏側矯正にも対応可能です。矯正装置を歯の裏側に装着するので、他の人に気づかれずに治療ができます。近年装置自体がさらに小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも軽減されています。

DIFFICULT CASES 口腔外科専門医と連携してインプラントアンカーや外科手術を併用する難症例にも対応可能

インプラントアンカー矯正ってどんなもの?

「人工歯根」であるインプラントをアンカー(固定源)として歯を動かす矯正治療です。骨に埋め込むことで、間接的に骨を固定源として利用することができます。骨は歯と違って動かないため、強力な固定源となり、複数の歯を同時に動かすことも可能です。従来の矯正治療では、歯と歯が引っ張り合うため、奥歯などの根が複数ある歯や犬歯などの根の太い歯は動かすのに何年もかかっていましたが、インプラントを固定源として用いることで、歯の移動が今までよりも数段速くなり、矯正期間を短縮することが可能になりました。

インプラントだから手術が必要なの?

小さなネジを埋め込むだけの治療なので、手術は必要ありません。通常の歯科治療に用いる局所麻酔を行うことで、痛みはほとんど感じなくなります。歯茎を開いたり、骨を削ったりすることはないので、腫れたり、痛みが出ることはほとんどありません。

症例1 インプラントアンカーを用いた矯正症例

奥歯が斜めに生えています。このままだとうまく噛むこともできず、歯磨きがしにくいため虫歯になってしまいました。他院にて、奥歯の神経を抜き、ブリッジで咬み合わせを安定させる方法を提案されたそうですが、神経を抜くことに不安があり、セカンドオピニオンで来院されました。



骨にインプラントアンカーという小さいネジを埋め込み、奥歯を繋げて起こしていきます。まっすぐになったら手前の歯と繋げて位置を調整し、保定期間を設けます。正しい噛み合わせの獲得と、虫歯治療を最小限の侵襲で行うことができました。


総額/治療費用 ¥200,000
総治療期間 10ヵ月
通院頻度 通院 1ヵ月毎
リスク/副作用 ・稀にインプラントアンカーを埋め込む際に痛みや腫れの出ることがある。
・部分矯正中は歯磨きをきちんとしないと虫歯や歯周病のリスクが高い。
・高度な治療技術が必要。


症例2 開創して永久歯を牽引した全顎矯正症例

永久歯が斜めになっているため、生えてこなかった症例です。乳歯は根が短く、不安定で虫歯になりやすいため、乳歯を抜歯して永久歯を引っ張り出す処置を行いました。


乳歯を抜歯して、永久歯にブラケットを装着し、両側の歯のブラケットと繋げて牽引していきます。その後矯正治療を行いました。歯の方向を整えることで、しっかりと咬めるようになります。


総額/治療費用 ¥800,000
総治療期間 3
通院頻度 通院 1ヵ月毎
リスク/副作用 ・牽引する歯に歯槽骨との癒着があると治療計画の変更が必要。
・ワイヤー矯正中は歯磨きをきちんとしないと虫歯や歯周病のリスクが高い。
・高度な治療技術が必要。


症例3 埋伏過剰歯を摘出、永久歯を牽引した咬合歯列期の矯正症例

小学生のお子様の症例です。乳歯が抜けても永久歯が生えて来ないことを主訴に来院されました。レントゲンを撮影したところ、過剰歯(余分な歯)のせいで永久歯が萌出できない事が判明したため、過剰歯を取り除き引っ張り出す処置を行うことにしました。



歯肉を切開して過剰歯を抜去します。両側の歯と骨の中に埋まっている永久歯にブラケットを装着し、ゴムの力で牽引していきます。早期に外科的に介入したことで、通常のワイヤー矯正で正常歯列を獲得することができました。


総額/治療費用 ¥300,000
総治療期間 10ヵ月
通院頻度 通院 1ヵ月毎
リスク/副作用 ・過剰歯の摘出の際に痛みや腫れの出ることがある。
・牽引する歯に歯槽骨との癒着があると治療計画の変更が必要。
・ワイヤー矯正中は歯磨きをきちんとしないと虫歯や歯周病のリスクが高い。
・高度な治療技術が必要。


目立たず歯列矯正の費用を抑えられるクリスタル矯正治療

白い素材でできた矯正装置を使えば、金属を使用したブラケットの様に目立ちません。これまで矯正治療をしたくても目立つのが気になり、歯列矯正をあきらめていた方におすすめです。

ワイヤーが見えない裏側矯正にも対応可能

裏側矯正とは矯正装置を歯の裏に装着する治療方法で、他の人に気づかれないで治療ができるというメリットがあります。発音がしづらくなったり、歯磨きがしにくいなどのデメリットもありますが、近年では装置自体も小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも非常に軽減されました。

ワイヤー矯正治療費

表を左右にスクロールできます

※下記の表示は消費税抜きの価格です。

部分矯正 ¥250,000
表側(ラビアル)ワイヤー矯正 ¥700,000〜900,000
裏側(リンガル)ワイヤー矯正 ¥1,100,000
ハーフリンガルワイヤー矯正 ¥900,000
ワイヤー矯正の管理調整料 ¥5,000 / 1回
※来院時毎回お支払いいただきます。調整は基本月1回行います。